「なかなか眠れない」「夜中に起きてしまう」「寝覚めが悪い」「なんとなく寝足りない」など、睡眠の悩みを抱えている人は多くいると思います。そんな人におすすめなのが、「寝具を変えること」。しかし、いざ布団やマットレス、ベッドを変えるとなると、そこそこ大きな出費になってしまいます。そこで提案したいのが、「枕を変えること」。枕なら数千円から1万円台まであるので、自分の予算に合わせて手軽に変更できます。今回は楽天市場にも出店している「眠り製作所」様にお話をうかがいました。

今回「枕の選び方」についてお話をしてくれた眠り製作所の木榑さん。

今回「枕の選び方」についてお話をしてくれた眠り製作所の木榑さん。

枕を変えることでパフォーマンスが上がる!?

人の睡眠時間は1日約8時間、人生の3分の1を寝て過ごします。睡眠は、身体や脳の疲れを取り、身体の成長を促し、病気の予防にもつながります。

常にベストなコンディションが求められるスポーツ選手や、肌のツヤやハリなどに気をつかうモデルや俳優は、かなり睡眠にこだわっています。なかには、遠征時や出張の際に枕を持っていく人もいるほど。

もちろん、このような肉体の限界で勝負する人たちだけでなく、多くの人たちにとっても、自分に合った枕を選ぶことは、多くのメリットをもたらします。

人の身体への負荷のかかり方や、睡眠の状態を分析するなど、科学的に開発された枕もある。

人の身体への負荷のかかり方や、睡眠の状態を分析するなど、科学的に開発された枕もある。

枕のもたらすメリットとは?

まず、自分に合った枕を使うことによって、もたらされるメリットはどんなことなのでしょうか?

眠り製作所の木榑浩之さんは「円背(えんぱい)と呼ばれる猫背や、腰痛を持っている人、スマホ首、ストレートネックなど、首の疲労や痛みを感じている人は、枕を変えることで得られるメリットが多くおすすめです。」と説明します。

これらの症状の多くは、姿勢が悪いことで起こるケースが多いのですが、枕を変えることで、姿勢を矯正してくれるのです。それによって、身体にかかる負荷を軽減することができます。

「歯ぎしりや食いしばりは、睡眠中の緊張によって起きると言われています。このような方にも自分にあった枕にすることをおすすめします。この症状は、枕が高すぎることで起こるケースが多いので、低くしてみてはどうでしょうか。また、いびきをかく人や顎関節症の人も、自分に合った枕を試してみる価値は大きいですね」と木榑さん。

さらに、美容を気にしている女性にとっても良い枕で良い睡眠環境を作ることは大事。睡眠が肌に良いことはもちろんですが、自分に合った枕を使うことで、年齢が出やすい首のしわが適度に伸ばされるそうです。

良い枕なら、寝がえりがうてる

よい睡眠ができているかのポイントとなるのが、寝がえり。人は一晩で20~30回寝返りをうつと言われています。寝返りをすることで、体圧の分散、温度や湿度の調整を行い、自然でラクな姿勢を維持し、身体の疲れがとれ、快適な睡眠を得られるのです。

そして、寝返りをするためには、首と寝具の隙間を埋める高さのあった枕を選ぶことが必要です。そのような枕は寝ている間に首や肩の緊張をほぐし、頭を爽やかにしてくれます。単に頭を支えるだけでなく、首の形を整えて支えてくれます。

誰にでも良い睡眠をもたらす、万人に合う枕はない

それではどのようにして、自分にぴったりの枕を選べば良いのでしょうか?

実はこれがなかなか難しいのです。全ての人に合う枕はありません。なぜなら、体重、体型、年齢、頭の形……、みんなそれぞれに違うからです。高さや固さは、好みもあります。だからこそ、たくさんの種類の枕が流通し、それらを前にして、多くの人は途方にくれてしまうのです。

木榑さんは「良い枕選びには、以下の3つポイントがあります。自分に合う枕を探していく以外に方法はありません」と話します。

枕選びのポイント

1自分の身体に合った枕の高さ

2自分の好みに合った素材を選ぶ

3自分がリラックスできる形を選ぶ

高さ選びが一番のキーポイント

まず、枕選びで最も重要なものは、枕の高さです。一般的には人が立っているときが自然な寝姿勢と言われており、仰向けで寝た時に同じ状態が作れるかがポイントになります。首を支える7つの骨で作られるカーブを頚椎弧(けいついこ)と言うのですが、この深さに応じて、適度な高さで首と頭を支えてくれる枕の高さが理想です。

最適な枕の高さは、敷布団やマットレスなどの合わせる寝具によっても変化するので、注意が必要です。例えば、柔らかい寝具の場合は身体が沈み込むので、頚椎弧の深さが通常より浅くなります。また、体重の増減や体調などでも微妙に変化します。ですから、自分は●cmだから、▲cmの枕と決めつけるのはNGです。

枕の高さは、最初から決まっているものもあれば、詰め物の量を自分で好みの高さに合わせるもの、空気を入れて調整できるものもあります。寝付きが悪い人は、高さ調整が簡単にできる枕をおすすめします。

頸椎孤の深さ

自分好みの素材を探そう

次に、枕の素材についてです。ここでは、良く使われているものをいくつか選び、それぞれの特徴をまとめてみました。
マイナスポイントも載せていますが、高級枕では複数の素材を組み合わせたり、素材や製法にこだわることで、こうした欠点が気にならなくなっているものもあります。

ウール
ウール

吸湿性に優れ、冬は温かく、夏は涼しく感じる素材です。柔らかい枕が好きな人に人気です。水洗いすると縮んで固くなってしまう場合があります。

綿
綿

吸水性に富んでおり、柔らかい枕が好きな人に人気です。多くの場合、水洗いもできます。使っているとへたるのが欠点です。

羽毛
羽毛

柔らかさと高級感があり、通気性や吸湿性にも優れています。基本的に水洗いは不可。へたってきたり、固い羽根が飛び出てくる場合があります。

ウレタン
ウレタン

柔軟性に優れたスポンジ状の素材です。温度に左右されるため、冬は固く、夏が柔らかくなる傾向があります。水洗いは不可。素材の色も経年や汗などの水分で変化します。

そばがら
そばがら

古くから愛用されている素材のひとつ。通気性や吸湿性があり、比較的安価なのも嬉しいところ。保管が悪いと虫がわく場合があることや、寝返りで音がでるのが欠点です。

パイプ
パイプ

ストローを細かく切ったような形状で、固めの枕が好きな人に人気です。水洗いが可能で、耐久性にも優れ、へたり難いですが、そば殻同様寝がえりで音がする場合があります。

自分がリラックスできる形を選ぼう。枕の形は実にさまざま

自分がリラックスできる形を選ぼう。枕の形は実にさまざま

枕の形や大きさもいろいろあります。選び方としては、自分の好みを優先するのが一番です。首の部分にもフィットした枕は、頭だけで支える枕よりも、気道が広がり、リラックスして眠ることができます。ユニークな形の枕としては、アルファベットの「U」を反転したタイプもあります。これは頭以外に首や肩にかかる力を分散させる仕組みになっています。ここでは「眠り製作所」で取り扱う、こだわりの枕をいくつか紹介していきます。

高さ調整枕
高さ調整枕「エアサポートピロー レ・ムールソフト」。エアシステムによって頚椎弧の深さを調整できる。

高さ調整枕「エアサポートピロー レ・ムールソフト」。エアシステムによって頚椎弧の深さを調整できる。

肩まで枕
「SPEED-Air」はバイクレーサーが監修したアスリートモデル。首、肩、肩甲骨をしっかりサポートする。エアサポートシステムで高さ調整も可能。

「SPEED-Air」はバイクレーサーが監修したアスリートモデル。首、肩、肩甲骨をしっかりサポートする。エアサポートシステムで高さ調整も可能。

抱かれ枕
「アーチピローFUN(ファン)」。頭、肩、腕までサポート。身体を包み込むような、大型U字型の「抱かれ枕」。

「アーチピローFUN(ファン)」。頭、肩、腕までサポート。身体を包み込むような、大型U字型の「抱かれ枕」。

補助寝具「抱き枕」も種類が豊富

もうひとつ、抱き枕についても触れておきます。抱き枕を抱えた寝姿は、胎児姿勢とも言われ、安心感を抱くことができます。使い方としても、抱きかかえて眠る人もいれば、頭は別の枕を使い補助寝具として使う人もいるでしょう。

抱き枕にもさまざまなものがあります。眠り製作所で販売されている「癒しの抱き枕」は体圧分散性に優れており、妊婦さんもに人気があります。お腹が大きくなってくると、片ひざを曲げて横になった「シムス体位」が楽だったりするのですが、抱き枕を抱いた姿勢はまさにこの姿勢に近く、リラックスできるのです。抱き枕の選び方としては、自分が寝やすいということを重視したうえで、腕、肩、腰、膝に負担や圧迫がかからないものを探すのがおすすめです。

抱き枕
「癒しの抱き枕」。寝ている間に骨盤や腰の理想的なラインをキープしてくれる。

「癒しの抱き枕」。寝ている間に骨盤や腰の理想的なラインをキープしてくれる。

枕の購入時は、自宅の環境を想像しながら選ぶ

素材、高さ、形について、なんとなく分かったら、購入を検討しましょう。一番いいのは、やはり実物を試してみること。売り場で試したり、気になる枕を使っているホテルや旅館で宿泊してみるのもおすすめです。

ただし、注意しなければならないのは、どんなに売り場のベッドや宿泊施設の寝具で試して良かったとしても、自宅のベッドや布団で使っても良いとは限らないことです。

試した寝具が自宅の寝具に近ければいいですが、そうでない場合は「普段の寝具ならさらに沈むな」とか、「沈まないな」とか、想像しながらサイズを選びましょう。

枕が合わなかった場合、交換や返品、調整などができるのかを確かめておくことも大切です。

眠り製作所は「30日返品保証サービス」があります。自分の家で自分の布団で約1ヶ月試せるのは良いですね。その他、ユーザーの口コミもチェックしましょう。

良い枕を使うことは、快適な睡眠につながります。快適な睡眠をとるということは、起きているときの集中力や活力を養うことになり、仕事やプライベートでより高いパフォーマンスを発揮することにもつながっていきます。自分の身体に合った枕は、より人生の密度を濃くすることにもつながるということ。良い枕で、より良い人生を! ぜひ、自分に合った最高の枕を手に入れてください!