新婚旅行イメージ画像

新婚旅行は「二人の時間を大切にしたい」というカップルにとって、特別なイベントです。「おすすめの旅行先はどこか?」「予算はいくらかかるのか?」「何泊くらいするものなのか?」など事前に知っておきたいことはたくさんあるでしょう。

そこで今回は、人気の新婚旅行先や新婚旅行の平均予算についてご紹介します。事前に予算や行き先の計画をしっかり立てて、素敵な旅にしましょう。

みんなどれくらい?新婚旅行の予算

新婚旅行の費用は行き先だけでなく、出発時期や現地でのプランによって変わります。まずは、カップルが新婚旅行にかける平均費用とその内訳をお伝えします。

新婚旅行に行くカップルは85%以上

ゼクシィが発表した「ゼクシィ 結婚トレンド調査2015」によると、86.7%のカップルが「新婚旅行に行った」もしくは「行く予定を立てている」と回答しています。新婚旅行は結婚式と同様、カップルにとって外すことのできないイベントだということがわかります。

平均日数はどれぐらい?

新婚旅行の平均日数で最も多いのは「7日」で23.9%。その後は「8日」が18.3%、「6日」が16.1%となっており、平均8日というデータが出ています。「新婚旅行で会社を休めるのは1週間強」と考えておくと良いでしょう。

<新婚旅行の旅行日数>

新婚旅行の旅行日数

<引用:ゼクシィ 結婚トレンド調査2015>

平均予算はどれぐらい?

新婚旅行にかかった2人分の旅行費用は、お土産代を除いて「100万円以上」が15.3%、「60万~70万円未満」が14.4%、「50万~60万円未満」が12.2%と続いており、平均額は60.9万円でした。

また、現地での費用が含まれたパッケージツアーを利用したカップルの場合、1人当たりの費用は「30万~40万円未満」という回答が最も多く27.7%。平均額は30.1万円となっています。

旅費以外にかかる費用として多いのが、お土産代です。約43%の人が「10万円未満」と回答していますが、平均額を見ると11.7万円です。

これらの平均額を合計すると、旅費と現地での費用60.9万円にお土産代11.7万円を加えた合計72.6万円が新婚旅行にかかる平均予算となります。

新婚旅行の平均費用

平均の新婚旅行費用

<引用:ゼクシィ 結婚トレンド調査2015>

新婚旅行におすすめの時期は?

連休や旅行先のハイシーズンになると、旅行費用が高めに設定される傾向があります。例えば、ゴールデンウイークや夏休み、お盆などの長期休暇を取りやすい時期や、「ジューンブライド」の6月、結婚式・披露宴が増える10~11月がその時期に該当します。また、ハワイやサイパンなどのリゾートエリアでは、春から夏にかけてハイシーズンを迎えるため、こちらも費用が上がりやすくなります。

行きたいエリアと費用面での折り合いがつかない場合は、長期休暇明けや結婚式が少ない1月・8月に出発時期をずらしてみてはどうでしょうか。

やっぱり人気はハワイ!人気の新婚旅行先

新婚旅行に人気の行き先は、ハワイ、ヨーロッパ、グアム、国内なら沖縄です。なぜ人気があるのでしょうか。

ハワイ

ハワイ

「新婚旅行の王道」と言われるハワイ。人気の秘密は年間を通して暖かい気候と、リゾートならではの非日常的な空間にあります。ダイヤモンドヘッドで自然を体感し、ワイキキ・ビーチでのんびりするもよし、アラモアナショッピングセンターで買い物を楽しむもよし。主要エリア内に観光スポットが凝縮されているので、1週間もあれば十分満喫できるでしょう。

日本人向けのウェディングフォトサービスも充実しています。新婚旅行の記念に最高のロケーションのもと、思い出の一枚を撮影してみてはどうでしょうか。

ヨーロッパ

ヨーロッパ

「新婚旅行でしか行けないような場所へ行ってみたい」というカップルにオススメなのがヨーロッパです。上手に日程を調整すれば、1週間でイタリアとフランスなど、人気の2カ国を回ることもできます。食事や観光地巡り、買い物を楽しみたい人はイタリアへ、名画や芸術品を見て目の保養をしたい人はフランスへ、また本場のサッカーを見てみたいという人にはスペインも人気です。

ヨーロッパはハワイやグアムに比べて、ある程度の費用が必要です。若いうちはなかなか行くことが難しいという人も、新婚旅行ならチャンスがあるのではないでしょうか。

グアム

グアム

長期間の休みは取れないけど、リゾート気分を味わいたいというカップルに人気なのがグアムです。日本から4時間未満のフライトで、魅力的なビーチリゾートを味わうことができます。ショップなどが数多く集まるタモンビーチが人気ですが、現地でレンタカーを借りてマリンスポーツで人気のココス島へ出掛けたり、スーパーマーケットで買い物をして現地の食材を使った食事を作ったりと、二人にあった楽しみ方が見つかります。グアムにはゴルフコースが併設されたホテルも多くあり、ゴルフ好きなカップルにもオススメです。

沖縄、離島

シーサーとハイビスカス

国内でのんびり贅沢に過ごしたいカップルに人気なのが、沖縄や周辺の離島エリア。海外に比べて、低価格で安全に旅ができることがメリットです。観光客に人気の国際通り周辺だけでなく、レンタカーを借りて沖縄本島内をドライブして回るのもおすすめです。基地周辺へ行けば本場アメリカの空気そのままのレストランが点在していますし、海辺を走れば観光客が少ない穴場なビーチもあります。また、宮古諸島など周辺の離島にまで足を延ばせば、水牛に乗ったり、昔ならではの沖縄の民家を見て回れたりと、ひと味違った体験も可能です。

人気の旅行先ごとに平均予算を比較!

旅行資金

上で紹介した新婚旅行先ごとに平均費用をお伝えします。自分たちの予算に合わせて旅行計画を立てる際にお役立てください。

ハワイ

日数:オアフ島5泊7日

平均費用:1人あたり25万~30万円程度

年間を通して温暖な気候に加え、日本語が通じるという安心感も人気の理由です。ヒルトンなどの高級ホテルに泊まって、オーシャンビューの部屋で豪華に過ごすスタイルがおすすめ。ハワイの場合は現地での買い物も楽しみの一つなので、この予算にプラスしてお小遣いやお土産代も、あらかじめ確保しておきましょう。

ヨーロッパ

日数:6泊8日

平均費用:1人あたり20万~35万円程度

物価が安い国もありますが、ヨーロッパの場合は、ブランド物の購入や外食に費用がかさむことが多いため、数カ国を回る場合は国によってホテルのランクを調整しましょう。また、航空会社のランクを少し下げるなどして、旅費を抑える工夫をしているカップルもいます。

グアム

日数:3泊5日

平均費用:1人あたり10万~25万円程度

20万円以上かけると、かなり豪華なホテルに宿泊できます。グアムの場合は、ゴルフコースやプールなどのアクティビティが充実しているので、現地で使うプランの費用をあらかじめ確保しておきましょう。少し足を延ばして離島のロタやパラオまで行くと、さらに美しい海が広がり、自然を堪能できます。

沖縄・離島

日数:3泊4日

平均費用:1人あたり7万~15万円程度

国内旅行であれば、普段は泊まらないようなランクの高いホテルに宿泊しても、2人あわせて30万円未満に抑えることが可能です。航空機やフェリーで周辺の島を巡ったり、ダイビングや水上スキー、パラセーリングなどのマリンスポーツを楽しむなど、目的地を国内にしてお金が浮いた分、食事や現地でのアクティビティを楽しんでみてはいかがでしょうか。

注目はカンクン

上記4カ所には及ばないものの、メキシコ南東部の「カリブの楽園」カンクンが新婚旅行先として注目されています。世界屈指の美しさを誇るビーチには各国から観光客が訪れ、シュノーケリングなどのマリンスポーツはもちろん、セノーテという木の根が垂れ下がる神秘的な地底湖や、洞窟中の地下水道を探検するジャングル散策など自然を存分に楽しむことができます。近くにはマヤ文明時代の世界遺産や遺跡もあり、ちょっと大人なリゾート地です。

また、多くのホテルがカリブ海側に建てられているので、オーシャンビューを楽しめます。

日数:3泊5日

平均費用:1人あたり15万~25万円程度

新婚旅行の計画にかける期間は、平均1.7カ月

カップルが新婚旅行の計画を立て始めるのは結婚式の3~4カ月前からで、実際に申し込むのは結婚式の1~2カ月前というのが一般的です。余裕がありそうなスケジュールに見えますが、結婚式の準備期間中は打ち合わせや式場の下見などこなさければならないことが多く、さらに予定外の出費がかさんだりと、金銭的にも精神的にもあまり余裕はないものです。

いざ、新婚旅行のプランを決める段階で、予算的に妥協を強いられることにならないよう、新婚旅行の計画と貯金は早めに始めましょう。

※出典:「ゼクシィ 結婚トレンド調査2015調べ」(一部を除く)